育児

産まれてすぐからやって欲しい!赤ちゃんをよく眠る子にするコツ

こんにちは!
助産師のさきです。

今回は赤ちゃんの「ねんね」のお話です。
新生児訪問を10年やっている助産師の大先輩いわく、夜泣きや寝かしつけなどねんねで悩んでいるママはとても多いとのこと。

私も患者さんから「赤ちゃんが寝ないんです~(泣)」とヘルプをされることはよくあります。そう!ねんねって悩みやすいものなんです。

子どもの睡眠に関する国際認定資格を取得した知識と、日ごろの経験を元に、新生児から是非心がけて欲しい!赤ちゃんをよく眠る子にするコツのひとつをお話しさせていただきます。

 

まずは、産まれてすぐの赤ちゃんの特徴を知ろう!

産まれてすぐの赤ちゃんは、昼や夜がよくわかっていません。そのため昼夜逆転をしている「夜型」になってしまうことがあります。

そんな夜型ベビーちゃんのママが、入院中によく言うのがこんな感じ‥‥

「昨夜はおっぱいをあげてもオムツを替えても、何しても泣き止まなくてほとんど眠れませんでした。朝方にやっと寝てくれて、それから午前中はずっと寝ているんです。昼間はこんなにいい子なのに・・・」

 

赤ちゃんは産まれてすぐの頃は眠りがちです。元気が出てくる生後3日目くらいから本領発揮!!昼夜逆転の子は「夜に寝ない」行動が目立ってきます。ママからしたら「だんだん夜に寝なくなっちゃって」と感じるようです。

そのため、産まれてすぐから「昼と夜の差を教えてあげる」ことが、夜寝てくれる子にするために大切ですよ。

 

昼夜の差を教えてあげる方法

昼は活動の時間!というのを教える

  • 朝決まった時間にカーテンを開け、電気をつけて明るくします(新生児でも明るさと暗さはしっかり認識します)
  • テレビや音楽をつけて音がある環境にする
  • 授乳やオムツ替えの時間など、たくさん話しかける「ごはんだよー」「大きいお口を開けてねー」「いっぱい飲んでねー」「おむつ替えるよー」とかね!

 

夜は寝る時間!というのを教える

  • 決まった時間に部屋を暗くする。入院中は豆電球やベットサイドのライト、テレビをつけていても、なるべく赤ちゃんの視界には明るさが入らないように。退院後は明るいリビングではなく、暗い寝室へ寝かせましょう。
  • 音は静かに。入院中に同じ部屋にいる場合はテレビの音量は下げましょう。
  • 授乳やオムツ替えは昼間と違って話しかけず、穏やかに行いましょう。過度に赤ちゃんを刺激しないようにします。

 

入院中のコツ:母子別室の場合

授乳時間を使って、昼夜のリズムをつけるよう心掛けましょう!昼間の授乳はたくさん赤ちゃんに話しかけて!赤ちゃんの目を見て、体に触って、スキンシップを。

授乳の練習は昼間にこそ時間をかけて行います。授乳を始めてもすぐにウトウト寝入ってしまうようなら、縦抱きにして背中を優しくトントン。刺激をして起こし、しっかり授乳をしていきましょう。

赤ちゃんに「昼は活動の時間」というのを、授乳を通して教えてあげます。

逆に夜は静かに穏やかに授乳を。授乳の練習も昼間ほど頑張らなくても良いかもしれません。こうして母子別室でも昼夜の差がつくよう促してみてくださいね!

 

入院のコツ:夜間は赤ちゃんを預けるタイプの病院の場合

夜間でも新生児室は電気をつけている病院もありますが、夜勤スタッフは少ないぶん“良い意味で”授乳以外は赤ちゃんを放置プレーなので(笑)考えようによっては赤ちゃんは過度に刺激を受けずに過ごすことができるかもしれません。

昼間はママの部屋で明るくハッピーに!夜間は新生児室で・・・という差がハッキリとつくことで、昼夜の差をつけることができるかと思います。

昼夜の差を教えてあげることが、快眠への第一歩

寝かしつけや夜泣きなど、赤ちゃんの睡眠に悩むママはたくさんいらっしゃいます。まずは「昼夜の差を教えてあげる」これが産まれてすぐからできる一番大切なことですよ!

昼夜の差をつけてあげることで、少しずつ生活のリズムを作っていってくださいね。

オンライン助産院Hug

「世界中どこからでも 育児の学びと相談を」をコンセプトに、オンラインでの個人相談や講座、情報発信を行っています。