母乳育児

寝ながら授乳【添い乳】を楽にするコツ

こんにちは!
助産師のさきです。

寝ながら授乳ができる添い乳は、夜中の授乳の時にとても楽ちんです。しかし『うまくできない』というママも多いもの。

今回はそんな添い乳の方法とコツ、そして危険についてお話していきます!

 

添い乳のコツ

枕を2つ重ねる

枕を高くすることで子どもの顔が見やすくなるため、おっぱいを咥えさせやすくなります。

枕が2つない時はバスタオルなどを重ね、やりやすい高さを調整してみてくださいね。

 

クッションを使う

赤ちゃんやママの背中を支えたり、ママの足の間に挟むことで楽な体勢で授乳をすることができます。バスタオルを丸めたりしてある物で工夫しても良いですよ!

 

添い乳のやり方

  1. 向かい合って寝るママと赤ちゃんが向かい合う形で横向きに寝ます。ただし赤ちゃんがうつ伏せに倒れてしまわないよう、角度に気をつけましょう。赤ちゃんが小さく横向きが安定しない場合は、背中にバスタオルやクッションを置いて支えてもいいです。おっぱいを飲む時は頭を少し後ろに傾けられるよう、支えは首から下に当てるのがおすすめです。
  2. 赤ちゃんの鼻先〜口と乳首の位置をあわせ、お互いの体をギリギリまで近づけておきます。(乳首と赤ちゃんの口の高さが合わない場合は、ママの下側の腕に赤ちゃんの頭を乗せて腕枕のようにすると良い場合もありますよ)
  3. ママの体の上側の手で赤ちゃんの頭を持ち、鼻先〜口の部分に乳首を当ててお口が開くよう刺激をします。
  4. 赤ちゃんのお口が大きく開いたタイミングで、赤ちゃんを引き寄せておっぱいを咥えさせましょう。

添い乳がうまくできているかのチェックポイント

  • 赤ちゃんの体はママにぴたりとくっついているか
  • 赤ちゃんの体はねじれていないか
    (耳・肩の先・腰骨が一直線になっているようにする)
  • 赤ちゃんの頭は少し後ろにかたむいているか(うつむく姿勢と逆)
  • 赤ちゃんの下顎はおっぱいに触れていて、鼻はおっぱいに埋もれていないか
  • 大きい口で咥えられているか
  • 座って授乳をするときと同じように、良好に飲めているか

注意

添い乳にはデメリットもあります。

窒息事故

ママが寝落ちして赤ちゃんの体の上にもたれかかってしまうと、窒息の危険があります。寝不足で疲れている時は特に添い乳をしたくなりますが、そういう時こそ安全のために体を起こして授乳をしましょう。

また、大丈夫だと思っても寝落ちしてしまうこともあります。横向きに寝る体勢は後ろに倒れないようにと赤ちゃん側に重心がかかりやすいです。

万が一寝落ちをしてしまった時に赤ちゃん側に体が倒れてしまわないよう、ママの背中にクッションや毛布を丸めたものを置き、後ろにやや重心をかけるような形で授乳をするといいでしょう。

 

夜泣きの原因になることがある

個人差はありますが、赤ちゃんも授乳をしながら寝落ちしやすいので、「添い乳をしないと眠れない!」という癖になってしまうことがあります。すると夜中にふと目が覚めるたびに「添い乳してー!!」と頻繁に起こされるようになることも。

 

誤嚥性肺炎になることがある

これ、実は私も知らなくて小児科医の先生に教えてもらって知りました。添い乳は抱っこでの授乳よりも赤ちゃんの姿勢が崩れやすく、体勢が悪いと誤嚥をしやすくなるため注意が必要です。

 

添い乳は快適に、そして安全に。

夜間授乳って大変ですよね。体を起こして授乳をするというのが、時には本当にしんどく感じることがあるでしょう。

そんな時、寝ながら授乳ができる添い乳は疲れたママの助けになると思います。しかし、安全にも十分に注意が必要です。

添い乳のコツと危険を知ることで、母乳育児を快適に、そして安全に行って行って欲しいなと思います!

妊娠・育児情報を発信してます!
よかったらフォローくださいね♡
Instagram
楽天room
Twitter

 

母乳と食べ物の関係は間違いが多い!!助産師が解説する最新の母乳話こんにちは! 助産師さきです♪ ママの食べ物によって母乳の質が悪くなるとか、母乳がまずくなるとか、おっぱいが詰まるからコレは食べ...
授乳前におっぱいは拭く?拭かない?どっちが正しいの!?こんにちは! 助産師 さきです♫ みなさんは授乳前に、乳首のところを拭いていますか? きれい好きのママさんほど『毎回しっか...
オンライン助産院Hug

「世界中どこからでも 育児の学びと相談を」をコンセプトに、オンラインでの個人相談や講座、情報発信を行っています。